犬・猫の避妊・去勢| 名古屋市名東区で動物病院をお探しの方はアメニティ動物病院まで

時間 日祝
9:00~12:00
16:00~20:00

休診日:木曜日
19~20時は急患のみ対応します

〒465-0021
愛知県名古屋市名東区猪子石1-401

  • 地図

犬の飼い主様へ

犬の避妊・去勢手術
(女の子は避妊、男の子は去勢と呼びます)

名古屋市名東区・アメニティ動物病院

避妊・去勢も病気の予防になることをご存じですか?

『健康な身体にメスを入れるのは自然に反する』など色々な考えがありますが、当院では正しい知識をもって、保護者の方に『する、しない』を選択して頂きたいと思っております。

獣医師として一番避けたいのは、何も知らなかった結果、防げたはずの病気になってしまい、犬や飼い主様を苦しませてしまうことです。

病気になってから、去勢・避妊をしていたら、ならずに済んだ病気と知って後悔される方もおられます。

また、特に停留睾丸(袋に睾丸がない、もしくは片方しかない)は、かなりの確率でガン化しますので、手術を強くお勧めします。

去勢手術で避けられる病気
  • 前立腺肥大
  • 肛門周囲腺腫
  • 睾丸腫瘍
  • 会陰ヘルニアなど
避妊手術で避けられる病気
  • 子宮蓄膿症
  • 乳腺腫瘍
  • 鼠径ヘルニア
  • 糖尿病など

当院では去勢・避妊手術は日帰り入院が基本となりますが
安静が保てない子は相談いたします。カラー、服、抜糸は必要ありません。
さらに詳しくお知りになりたい方は、お電話または来院にてお尋ねください。
ご相談は無料です。052-771-2777

猫の飼い主様へ

猫の避妊・去勢手術
(女の子は避妊、男の子は去勢と呼びます)

猫は避妊去勢を行わないと、発情の際に過度のストレスにさらされます。
避妊手術をしないメスは定期的に発情がおこり高い声で鳴いたり、トイレ以外の場所に排泄をすることもあります 。
また高齢になり子宮蓄膿症や乳腺腫瘍の発生にもつながります。

生後5か月を過ぎたら避妊手術をすることをお勧めいたします。 去勢手術をしない猫は、発情するとメスをもとめ外に出たがり、縄張り意識が強がり、尿をあちこちにかけることもあります。
7か月を過ぎたら去勢手術をすることをお勧めいたします。

当院では去勢・避妊手術は日帰り入院が基本となりますが
安静が保てない子は相談いたします。カラー、服、抜糸は必要ありません。
さらに詳しくお知りになりたい方は、お電話または来院にてお尋ねください。
ご相談は無料です。052-771-2777

保護猫の不妊手術ご希望の方へ

保護猫の不妊手術は予約不要です。(飼い犬、飼い猫、保護犬の手術は完全予約制です。)
保護猫を連れて来られる際は、捕獲器もしくは猫用ハードゲージ(固いタイプ)に必ず入れてお越し下さい。
休診日以外の9:00~12:00までにお越し下さい。
料金は♂11,000円(税込)、♀22,000円(税込)、堕胎は24,200円(税込)になります。(不妊手術、耳カット、3種ワクチン、ノミダニ駆除など含む)この料金体系は2021年1月~5月までとします。6月からは♀も11,000円(税込)、堕胎は13,200円(税込)となります。
夕方6時頃、お迎えとなります。その日は家で安静をお願いしています。

※注意事項
壊れた捕獲器や、壊れかけのぐらつく捕獲器では来院しないようお願い致します。
1個の捕獲器またはハードケージにつき、犬猫は1頭のみ入れて御来院下さい。
捕獲器またはハードゲージ内に、タオルや毛布、新聞紙、ペットシーツ、エサ入れ、水入れなど、猫以外の物は入れないで来て下さい。入れてこられると手術出来ない場合が有ります。
病院専用駐車場以外には車を止めないようお願い致します。

ページトップへ